徹底分析!クラウドワークスとランサーズの違いとは?

2大クラウドソーシング

仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人をマッチングするサービス、クラウドソーシング。

ここでは、08年に日本初のクラウドソーシングを始めたランサーズと、12年のサービス開始から急成長を遂げたクラウドワークスの代表的な2社を徹底比較します。

どちらをメインで使えば良いか迷っている方の参考になればと思います。

各項目で比較

分かりやすいように表にしています。

比較して明らかに優れている項目は赤文字にしています。

クラウドワークス

ランサーズ

未経験・スキル不要

プロ向け

仕事の種類

○(約140種)

○(約140種)

依頼件数

非表示

1,048,632件件

依頼(報酬)総額

約400億円

887億7048万円

登録者数

80万人

非表示

システム利用料

無料~報酬の20%

報酬の5~20%

会員登録

無料/18歳以上

無料/18歳以上

利用できる対象

個人/法人

個人/法人

依頼方法

プロジェクト

コンペ

タスク

プロジェクト

コンペ

タスク

個別に依頼

支払い方法

銀行振込

クレジットカード

PayPal

銀行振込

クレジットカード

検索のしやすさ

 

大きな違いは手数料

あまり大きな違いはないように思われますが、実は重要なタスク形式の仕事の手数料に差があるんです。

その部分だけ切り取ってもっと詳しく見てみましょう。

 
◆ クラウドワークスの場合

20万円超 10~20万円 10万円以下 タスク形式
5% 10% 20% 無料

 
◆ ランサーズの場合

20万円超 10〜20万円 10万円以下
5% 10% 20%

 
通常クラウドソーシングサービスは、発注側も受注側も1割程度の手数料を負担することが一般的ですが、ご覧の通り、クラウドワークスは1件単位の仕事であるタスク形式の手数料がかからないんです。

始めて利用する方はほとんどがこのタスク形式の仕事からスタートするので、この差はかなり大きいです。

初利用時はクラウドワークスがオススメ

crowdworks_banner
 
最も効率がいいのは、クラウドワークスとランサーズの双方の登録し、自分に合った仕事をその時々で探すというやり方です。

しかし、両サイトとも職種も案件も大量にあるため、最初はどれを選べばいいか迷ってしまいます。

そんな時はタスク形式の手数料が無料であることに加え、大量募集の案件が多いクラウドワークスを選ぶといいでしょう。

実際は上の表で挙げた項目以外にもサイトのデザインや機能にも小さな違いがありますので、実際に使ってみて使いやすい方をメインに置くという方法もいいですね。

登録にお金がかかることはないため、いろんなクラウドソーシングに登録しておくことをオススメします。

この記事で紹介した業者


クラウドワークス

初心者からプロまで!
必ず自分に向いている案件が見つかると言っていいほど、様々なジャンルの仕事が揃っています。
どんな副業を始めるか迷ったときは目を通してみて下さい。



ランサーズ

案件の豊富さはトップクラス!
初心者でも出来ることから高度な技術を要するものまで。
在宅で可能な案件が豊富に揃っており、仕事が見つけることが出来ないという状態にはなりません。

クラウドソーシングのオススメ業者



クラウドワークス

初心者からプロまで!
必ず自分に向いている案件が見つかると言っていいほど、様々なジャンルの仕事が揃っています。
どんな副業を始めるか迷ったときは目を通してみて下さい。



ランサーズ

案件の豊富さはトップクラス!
初心者でも出来ることから高度な技術を要するものまで。
在宅で可能な案件が豊富に揃っており、仕事が見つけることが出来ないという状態にはなりません。

注目!人気の副業ランキング

数ある副業をランキング形式で発表しています。
あなたに合った仕事がきっと見つかります!

ランキングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

探すならここから!

イチオシの副業ランキングとオススメの仕事一覧です。
自分に合った仕事を見つけましょう!

人気ランキング

オススメ副業