噂のプラチナライターになる方法!サグーワークスで稼げるコツ。

サグーワークスはライティングとアンケートに特化したクラウドソーシングです。

クラウドワークスランサーズの陰に隠れてしまいがちですが、特化してるだけあってライティングには条件のいい仕事が実はたくさんあります。

そんな穴場のようなサービス、サグーワークスには、プラチナライターというランクが存在します。

プラチナライターはセミプロのような扱いで、プラチナの称号を持っていると単価の高い仕事をたくさんもらえます。

サグーワークスで稼ぐためのコツは、このプラチナライターになることなんです!

ではどうやってそのプラチナライターになれるんでしょうか??

先に言っておきますが、難易度は全く高くありません。

プラチナライターは2倍稼げる

sagooo-ranking

上の画像は、サグーワークスのWebサイトで公開されている先月の報酬ランキングです。

左が一般ランクのユーザーで、右がプラチナライターのランキングです。

書いた記事数、文字数にはあまり差がありませんが、報酬はご覧の通り約2倍の差があります。

具体的には、一般のライターは文字単価が0.3~0.5円(左)なのに対し、プラチナライターの仕事は文字単価1円(右)なんてザラにあります。

sagooo-hikaku

それだけプラチナライターの単価が高いという事です。

プラチナライターになるためには?

では実際にプラチナライターになるためにはどうすればいいのでしょうか?

実は、テストを受けて合格すればプラチナライターになれるんです。

テストはもちろんライティングです。

一般的なWebサイトに掲載されている程度の文章が書ければ合格できます。

テストは1時間~2時間ほどで終わるので、そんなに気負う必要もありません。

では具体的な審査の基準はどうなのでしょうか。

プラチナライターテストの内容

プラチナライターテストの手順は、必要な会員登録を行ったあと、自分の得意ジャンルを選択してその分野の記事を書くという形式です。

ただ記事を書くだけでなく、文章を書く上で大切な知識や技術を持っているかが試されます。

実際に聞かれる項目は以下のようなものです。

  • 読者の興味を引くタイトルを5つ
  • 何かの言葉に関する説明記事(1000文字程度)
  • 何かのハウツー文章(1000文字程度)

他にも基本的なこととして押さえておきたい要素があります。

  • 自分視点の文章になっていないか
  • 最低限の説得力があるか
  • 文章が不自然ではないか

など、一般的な文章を書くスキルは必須です。

この試験、何度も受けることができるので、これを読んでなんとなく敷居が高いと感じている人も是非受けてみて下さい。

なんとサグーワークス、実に細かい添削をしてくれるんです。

仮に落ちても受けることが無駄にならず、確実に自分の糧になるんです。

サグーワークスが稼げる理由

sagoo-writting

この通り、プラチナライターになり単価の高い仕事を続けることがサグーワークスで稼ぐコツです。

プラチナライターになれば仕事を個別に依頼されることも、長期契約の専門ライターになれることもあります。

フリーライターも多く登録しているサグーワークス。

是非利用してみて下さい。

この記事で紹介した業者


サグーワークス

ライティング、アンケートに特化
クラウドワークスやランサーズにはない仕事がたくさんあります。
特にアンケートは単価が高いのでオススメです!

クラウドソーシングのオススメ業者



クラウドワークス

初心者からプロまで!
必ず自分に向いている案件が見つかると言っていいほど、様々なジャンルの仕事が揃っています。
どんな副業を始めるか迷ったときは目を通してみて下さい。



サグーワークス

ライティング、アンケートに特化
クラウドワークスやランサーズにはない仕事がたくさんあります。
特にアンケートは単価が高いのでオススメです!

注目!人気の副業ランキング

数ある副業をランキング形式で発表しています。
あなたに合った仕事がきっと見つかります!

ランキングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

探すならここから!

イチオシの副業ランキングとオススメの仕事一覧です。
自分に合った仕事を見つけましょう!

人気ランキング

オススメ副業