オンラインスロット危険じゃない?ユーザー急増の理由を解明

日本での賭博に対する目は厳しいものがあります。

特に闇カジノやオンラインカジノで、逮捕者が出るまでになってきているのはもうご存知だと思います。

それにも関わらず、オンラインスロットがここ数年人気を集めており、ユーザーが急増していることはご存知でしょうか?

法律的にグレーゾーンな賭博に関してどんどん摘発が行われているのに対し、なぜオンラインスロットはユーザーを増やしているのか。

オンラインスロットが違法ではないか、危険性はないのかをご説明します。

オンラインスロットの危険性について

オン危険性

オンラインスロットは特許(特許第3810626号)を取得しているシステムを採用しており、これまで摘発を受けた前例はありません。

しかし全てサイトがこのシステムを採用しているわけではないので、その点は注意してください。

特許を取得している主なサイト

摘発は未だにされていませんが、違法性の面を問われると特許を取ったシステムを使用していても必ずしもホワイトとは言えません。

現在営業しているパチンコ店のように直接現金に交換するのではなく、ポイントを貯めることによって電子マネーや景品に交換できる「三店方式」という体制をとっているため「合法」とみなされています。

特許を取得しているからと言って、賭博を免れるということには繋がりません。

オンラインスロットをプレイする際はその点を頭に入れておきましょう。

なぜ今オンラインスロットユーザーは急増しているのか

オンラインスロット

摘発されたことがないとはいえ、なぜオンラインスロットのユーザーは増えてきているのでしょうか。

理由はいくつか考えられます。

1つ目の理由ギャンブル好き必見!パチスロよりもオンラインスロットが優秀ってまじ?でも紹介しているようにイベントの強さです。

通常のパチンコ屋では行うことが出来ない激熱なイベントが定期的に開催されており、この破壊力がとんでもないと評判です。

グレーゾーンにも関わらず、このようなイベントが開催されていることがユーザーを魅了しているのでしょう。

2つ目の理由は、現在行える状態にあるオンラインのギャンブルの中でも摘発がないということです。

オンラインカジノもこれまでは海外サーバー経由などの対策をとっており、非常にグレーゾーンのまま運営をしてきました。

しかし16年の3月に初めて日本で摘発されるケースが出たため、ユーザーはかなり慎重な行動をとるようになりました。

オンラインスロットの運営は十数年間摘発の実績がないという点で、ユーザーが流れてきています。

現在のオンラインスロットで摘発が出ると、国内で営業しているパチンコ店も取り締まらなければならなくなります。

その点で、オンラインスロットは摘発されることがないと言っても過言ではありません。

そして3つ目の理由は、いつでもどこでもスマホ1台あれば手軽にプレイが出来るという点です。

時間を気にすることなく好きな時に好きなだけプレイできる手軽さは、ギャンブルをする方であればどれだけ重要なことなのかお分かりいただけると思います。

まとめ

オン危険

オンラインスロットの危険性については全く違法性がないかと言われればそうではありませんが、摘発される可能性は極めて少ないです。

グレーゾーンな部分ではあるものの、その他のオンラインギャンブルに比べかなり安全に遊ぶことが出来ます。

今回記述した点がオンラインスロットユーザーの増加につながっている理由なのでしょう。

ゲームのオススメ業者



ディーチェ

脅威のオール6イベント
スロット設定オール設定6というイベントをゲリラで開催。
こんな激熱イベントを開催できるこの業者は太っ腹!!



ミリオンキングダム

毎日変わる激熱なイベント!
イベントを毎日開催しており、対象のゲームではポイントがかなり稼げる期待感が持てます。
特にゲリラで行われるイベントでは一撃で10万円ほどの収入を得た実績も。

注目!人気の副業ランキング

数ある副業をランキング形式で発表しています。
あなたに合った仕事がきっと見つかります!

ランキングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

探すならここから!

イチオシの副業ランキングとオススメの仕事一覧です。
自分に合った仕事を見つけましょう!

人気ランキング

オススメ副業